スイミング プール 映画

別荘に着いた初日にサラが外した壁の十字架。 だが、外したはずの十字架がなぜか戻っているシーンが幾つかある、 ・ジュリーがサラの部屋に忍び込み原稿を盗み見たあとに、サラが帰ってきた時(しかしその様子は、何故か鏡越しに映される)。 ・フランクの遺体を埋めた後で部屋に戻った時。 どちらも必ず、ジュリーがサラの部屋に入った後に起きている。 他人の日記を盗み見たり、人殺しなどいけないことをした「罪の意識」をジュリーが代弁しているのか? ちなみに、マルセルの娘と、別荘でサラと別れる時のジュリーは十字架のネックレスをしている。意味深。. スイミング・プール()の映画情報。評価レビュー 425件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:シャーロット・ランプリング 他。 スイミング プール 映画 フランスの気鋭監督、フランソワ・オゾンが彼の新旧のミューズである、リュディヴィーヌ・サニエとシャーロット・ランプリングを主役に迎えて贈る. More スイミング プール スイミング プール 映画 映画 videos.

ネタバレ・・・・深夜映画「スイミングプール」って結局オチは何だったのですか?娘の亡き母親の原稿を別の出版社から出したってだけですか。作家は出版社の担当に娘がいたことを知らなかったみたいですが、 彼女なりのあて付けだったのでしょうか。 一連の出来事はすべて中年女流作家. 【評価】⇒★★★★☆【感想】⇒まさにオゾン映画ですね。映像が美しい。プールの水の映像だけでもたまらなく、美しいです。オゾンの撮った「まぼろし」「8人の女たち」は結構人気がある作品だと思います。私はどちらも好きな映画だったので相性が良いのでしょう。この映画も楽しめ. 映画『スイミング・プール』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。. このキービジュアルが、映画「スイミングプール」を象徴していたのは言うまでもない。 「夏の輝く陽光」と「プールの水の煌き」、そして「若い女性」という絶妙な組み合わせを、この映画ほどうまく活かした作品はこれまでなかったかもしれない。.

ジュリーは、ジョンから電話で怒られたと言います。サラに代わると電話は切れてしまいます。折り返しかけても、ジョンは外出中と言われます。 サラは、こっそりとジュリーが買ってきたフォアグラを食べます。飲み物も飲んで、水で足しておきます。 ジュリーは男を連れて帰ってきます。エッチの声が激しく聞こえてきて、サラは耳栓をして寝ることにします。 次の日もジュリーは男を連れてきます。今度は違う男性でした。マルセルがやってきて、プールを掃除してくれます。 サラは、ジュリーを題材にして作品を作り始めます。彼女がいない隙に、日記を拝借したりして書いていきます。 ある日、サラはプールの近くで、ジュリーのパンツが落ちているのを発見して持ち帰ります。 サラは、ジュリーが帰ってこなくて心配していました。プールの側でウトウトしてると、目に痣をつけて帰ってきたジュリーがプールに入ります。 サラは、次第にジュリーの事が嫌いではなくなります。ジュリーを食事に誘う事にします。出掛ける時に呼びに行ったジュリーが、サラの部屋でパンツを見つけます。. 「スイミング・プール」:おすすめフランス映画紹介 フランス映画の紹介ページです。 フランス映画クラスで扱わなかった映画を中心に、紹介しています。. という感じ。個人的に「仮面~」が生涯10本指映画の1本なので、自動的にこの映画も★5です。 更年期の女性・サラ。別荘で出会った若く奔放な娘・ジュリーは実在するのか?それともサラの妄想か? ということですが、ここは普通に「妄想」と考えるほうが自然でしょう。実在する. と考えても映画として充分面白いですが。妄想だとして. ※DVDは無修正版と通常版があるので注意! ↑オゾン監督が書いた小説版。 ↑サウンドトラック。 メインテーマと、フランクとのダンスシーンでかかってる曲が好きなんですが、後者はサントラに入ってるのかな・・・?. 寝ているジュリーを見つめているフランクが自慰するシーン。まるでこのシーンと対比となっているような、寝ているサラを見つめるマルセルのシーンがあるが、前者はサラの夢(妄想)だが、後者は現実だったのか? 妄想だとすれば、なぜサラを見つめていたのがフランクではないのだろうか?. 『スイミング・プール』 日を追うにしたがって、じわじわと、静かな水面に波紋が広がっていくように、後味が深まる映画。 鑑賞後すぐから比べて、自分の中ではどんどん評価が高くなっています。.

という作品でもあります。 以下、あくまで僕なりの解釈ですが. 映画『スイミング・プール』 WOWOWで観た。エロいだけかと思ったら、後半の怒濤の展開で、けっこう面白かったよなあ? シャーロット・ランプリングの全裸シーンにはビックリしたけど、結局何が言いたいのかよく判らなかったですね。難しい映画でした、私には。. そんなジュリーのキャラクターはサラの願望そのもの。自分の性格的に決してそうはなれない、なれなかったキャラクターなのだと思います。 前半、何度かジュリーがサラに酷いことを言います。「欲求不満のババァ」などと。社会的立場もあるから、現実ではそこまで誰かにひどいことを言われる機会もないでしょう。いっそボロクソに言われたい。それによってストレスを放電したい。マゾ願望。自虐的な願望。 すべてのエピソードが、サラという女性の歩んできた人生を想像させるメタファーになっています。 作家として本当に書きたい物語は、出版社社長であり好意を寄せる存在のジョンに却下される。. パッケージの期待どおり、リュディヴィーヌ・サニエが奔放的な役柄でやたら脱ぎまくってる。肉感的な体がめちゃエロい。そんなリュディヴィーヌ・サニエは『リリィ』って映画でも脱いでるらしい。ほほう。 ー スイミング・プール Amazon: Prime Videoで観る >. 『スイミング・プール』(Swimming Pool)は、年にフランソワ・オゾンが監督した映画。 ストーリー. See full list on b9life.

庭のプールに南仏の太陽が反射して、そのまぶしさに夢かうつつかわからないような・・・っといった印象の映画でした。 この雰囲気もシャーロットのたたずまいもフイルムのガサガサ荒い感じも私的にはかなりお気に入りです。. みなさんはこの映画「スイミング・プール」をご覧になりましたか?以前、映画「スイミング・プール」のレビューを紹介しましたが、とっても謎に包まれた作品ですよねっ。そこで私なりにですが、いくつかの謎について考えてみましたので、ご参考にしてもらえたら嬉しいです。あとみな. 『スイミングプール』 映画「SWIMMING POOL」() 夏南フランス別荘行きたーーーーーーーい! スリルサスペンスドキドキワクワク でも殺人事件のおまけは手に余. ホラー脳なんで夏になるとやれ幽霊だグロだとそういうのばっか見ちゃうんですけど、たまにはこういうサスペンスなのもいいですね!四角に区切られたプール、不自然なくらい青く美しい水・・・プールも鏡と同じように、現実を映すもの=虚飾の暗示なのかもしれません。きっと解釈としては「全部空想」が正しいと思うんですが、自分は「全部現実」なんじゃないか?という思いも拭えないんですよね~。 ただこの映画は明確に答えはなく、観客が自由に想像していいらしいので、いましばらくは色んな可能性を妄想しようかと思います。. 【ネタバレ注意】映画『スイミング・プール』の伏線解説と考察。 秘密と謎が交錯する華麗なる官能ミステリー」 『8人の女たち』の監督フランソワ・オゾンの. See full list on cinema.

全てはサラの妄想であり、本「スイミング・プール」の内容がこの映画の本編。. 『スイミングプール』 原題:Swimming Pool 年 フランス・イギリス 監督:フランソワ・オゾン 出演:シャーロット・ランブリング、リュディヴィーヌ・サニエ、ジャン=マリー・ラムール おススメ度 ★★★★★(5/5) ほぼ「仮面/ペルソナ」と同じ妄想サスペンス。今となっては目新しくない手法ですが、テーマもわかりやすく良作だと思います。人一倍感受性が強い更年期の女性・サラの内なる苦しみを描いた物語。個人的な好みで★5 ◆目次 1. ジュリーの母親のものと思われる赤いドレスを着たサラが、バルコニーからジュリーに手を振っているラストシーン。 本来サラは右利きだが、このシーンではなぜか左手を振っている。そして、左利きだったジュリーは右手を振っている。 対面している二人は手を振る方向は逆だが、全く同じタイミングで手を降ろしていて、まるで鏡写しのようになっている。この演出は、サラとジュリーが同一人物であることを暗示しているのかもしれない。. スイミング・プールの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。新作の筆が振るわないイギリスの人気ミステリー作家、サラは.

女として満たされない部分が自分の中で確実に肥大化している。そこで、若く魅力的で、性に奔放で、言いたいことを言う. スイミング・プール のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。. あらすじ(ネタバレなし) 3.

等、サラの内面を投影した存在であると。 「仮面/ペルソナ」が「もうひとりの自分、自分の内面の姿」であったのに対して、こちらは「そうなりたかった姿」。 真面目な性格で、常識派で、世間的にも成功しているけど. More スイミング プール 映画 images. 全てが終わり、別荘を去ったジュリー。 だが彼女は、別荘に母親が遺した原稿のコピーを置いていった。この原稿をサラが使ってくれるなら、母親は生き返るかもしれない・・・。そう綴られた手紙の通り、サラはその原稿を使い、新作を書き上げる。 新作を読む編集長のジョン。 だが、かつてジュリーの母親に言ったことと同じようなことを口にする。その言葉に「想像通りだ」と笑ったサラは、既に別の出版社と契約し、製本された本をみせる。白い水着に金髪の女性がプールで泳ぐ表紙。タイトルは「スイミング・プール」 「サインしといたわ。お嬢さんにあげて」と言い残すサラ。そこへ入れ違いに、編集長の娘の『ジュリア』が現れる。ちょっとぽっちゃりとした、地味な少女。 シーンが切り替わり、あの別荘のバルコニーに立っているサラ。プールにいるジュリアに手を振るサラは、振り返ったジュリーにも、笑顔で手を振るのだった・・・。. ほぼ「仮面/ペルソナ」(イングマール・ぺルイマン)ですね。「仮面」は、1966年に心理学者ユングのペルソナ論をモチーフに作られた妄想物語ですが、構造はまったく同じです。オマージュというにも似すぎている。「仮面」を原作として設定を変えて焼き直した. 映画『スイミング・プール』のあらすじや見どころ © fidelite-headforce limited-france2 cinema-gimages films-foz. それは「男性からの抑圧」「うまくいかない男性関係」を現す比喩。最後の、ジョンに内緒で他の出版社から本を出すエピソードは「男に対する反抗・復讐」願望ということになります。そういえば別荘でも、ジュリーがカフェの店員(男)を殺しますね。それも復讐願望。事件の前、プールサイドで口を使って男に奉仕しているシーンは「男に仕えて. ・サラの完全なる空想 ・娘をモデルに創り上げた存在 ・実在している ラストのどんでん返しで一気に解らなくなるジュリーの存在! もし実在すると仮定すれば、本当にジョンの愛人の娘なんだろう。 サラの想像上の存在とするなら、ジョンの本当の娘(ジュリア)を勝手にイメージしたものだと思われるが、ジュリーの母親の設定がまんまサラと被ることから、自分とジョンに娘がいたら・・・というイメージで創り上げたのかもしれない。 ジュリーのおなかにキズがあったことを考えると、もしかしたらサラは、ジョンの子供を妊娠したけど産めなくて、その子供が生きていたら~みたいな妄想をした、とか・・・ ジュリーが完全な空想の産物だとしても、「お腹に傷」設定をどういう意図でつけたのかが疑問。.

そんなことを語り明かした翌日。 サラが出かけている間に部屋に忍び込んだジュリーは、サラが自分を題材に小説を書いていることを知ってしまう。 そしてその夜。 ジュリーは、サラがフランスに来て以来密かに気にしていた男性・フランクを家に連れ込む。サラを気にするフランクをプールに誘い、裸となって迫る。 が、そこで事件が起きる。 なんと、サラのけん制を気にして事をせず帰ろうとしたフランクを、ジュリーが殺してしまったのだ。ジュリーはサラを母親と間違えるほど錯乱し、「あなたの本のため殺した」と不可解な動機を口にする。 フランクの遺体を、自身の知識をフル活用して隠蔽したサラ。 だが芝刈りをしていたマルセルが、遺体を埋めた跡を気にし始める。ベランダからその様子を見ていたサラは、咄嗟に来ていた赤いドレスを脱ぎ、マルセルを誘惑。事なきを得る。. 『殺人魚フライングキラー』(C) 1981 CHESHAM INV. 映画内のことは全て実際に起きていることで、編集長への電話が繋がらないのは彼がサラから逃げているから、ジュリーが編集長と電話していたのは、実は一人芝居だった・・・とか考えることも出来なくはない。 ただ鏡の演出などを鑑みると、一般的なこの映画の解釈である「ジュリーはサラの空想上の人物」が一番解りやすいように思う。 ただ、 どこまでが現実だったのか? フランク殺人事件は本当にあったのか?が大きな謎でもある。 フランクの存在そのものが妄想なのか、それとも気になるカフェ店員として実在はしていたのか。もしかしたら本当にサラが殺してしまったんじゃ・・・とか自由に解釈できるが、フランクの事件のくだりがまさにミステリー小説!みたいな展開だったことや、遺体を隠蔽する時のサラのノリノリ具合を見ると、殺人事件自体は、ぜんぶ妄想の中の出来事だったように思える。. 小説を書き上げる。映画で見せられているのは、ほとんど全編が この小説の内容。リュディヴィーヌ・サニエが演じる「出版人の 娘・ジュリー」は、彼女が書いている「スイミング・プール」と いう小説の主人公。. 『 スイミング・プール 』( スイミング プール 映画 Swimming Pool )は、 年 に フランソワ・オゾン が監督した映画。. 『スイミング・プール』は年の映画。『スイミング・プール』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォト. ジュリーの母親は事故で死んだと告げた時、ああも怯えていたのは何故か? 本当は事故ではなかったのか?.

基本データ・おススメ度 2. 2人の対照的な女性の間で現実と幻想が交錯し、謎が二転三転していくさまを、幾重もの仕掛けを張り巡らせミステリアスかつ官能的に描いたサスペンス・ドラマ。監督は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。出演はいずれもオゾン作品に出演歴のある「まぼろし」のシャーロット・ランプ. 人気シリーズを持つ推理作家・サラ(シャーロット・ランブリング)は、推定年齢55歳ほどの中年女性。出版社の社長であるジョンに、仕事の関係者以上の想いもある模様。 サラは、新作の執筆のためジョンの所有する別荘を借りる。まもなく、そこにやってきたのはジュリーという若い女。ジョンの娘でしばらく別荘に滞在するという。共同生活が始まるが、プールサイドで構想を練るサラの元に、おっぱい丸出しでやってくるジュリーにいらつき、「静かに仕事をさせて」とキレる。 スイミング プール 映画 別荘のプールの水面には木の葉がたくさん散っており、サラは「細菌だらけよ」と避けるが、ジュリーは「ただのゴミと葉っぱよ。」と気にせず全裸で泳ぐ。 別荘に男を連れ込むジュリー。さっそく男とやりまくる。その声にベッドで耳栓をするサラだったが、翌日には、耳栓をするのをやめた。 別の日、また違う男を連れ込むジュリー。そんなジュリーをみてインスピレーションが沸いたサラは、パソコンのデスクトップに「JULIE」というフォルダを作り、彼女をモデルにした小説を書き始める。 ==以下ネタバレ== . 別荘で執筆活動をするサラ。 そこで出会った若く美しい娘・ジュリー。 ひと夏の間、彼女たちは奇妙な共同生活を送ることになる。 性を謳歌する彼女に反発しつつも、なぜか次第に惹かれ、彼女を創作対象に「ジュリー」という小説を書き始めるサラは、少しずつジュリーと距離を縮めていく。 13歳の時に初めて男と寝て、16歳の時はじめて恋を経験したこと──。そして母親もサラと同じ作家だったことを語りだすジュリー。 ジュリーの母親は自分とジョンの出会いを描いたラブストーリーを書いていたが、ハーレクイン風(女性向けの恋愛小説)の作風はジョンの好みではなく、作品をこっぴどくけなされたことで、燃やしてしまったらしい。そしてジョンと不倫関係にあった母親は、結局は彼に捨てられてしまった。. その解釈も人によっていろいろあると思います。また、観た人が好きに解釈していい. 「スイミング・プール」の解説、あらすじ、評点、35件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - スイミング・プールで起こった殺人事件をめぐって、謎が重層的に絡み合うシュールなミステリー。監督・脚本は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。共同. 『決断の3時10分』(C) 1957, renewed 1985 Columbia Pictures Industries, Inc.

「いろんな男を連れ込んで。お母さんにいいつけるわよ。」と説教をするサラに「書くだけで行動できない欲求不満のフランスババァ」と罵る。プールサイトに落ちていたジュリーのパンティを拾って部屋に持ち帰るサラ。そのパンツをみてイメージを膨らませ小説を書き進む。サラはプールの木の葉を掃除し、綺麗になったプールで泳ぐ。 ジュリーを誘い食事にでかけるサラ。ジュリーの父であるジョンの女関係を聞き出したい目的もあったが「本人に聞いてよ。」と拒否される。 ジュリーが自分の過去の話を語りだす。「父と母はひと夏だけの関係だったこと」「母はニースに引っ越したこと」。それを受けて、サラは「見た目で判断しないで。」「マリファナだってやるのよ。」とマジメな風貌とは似合わない『私は悪い女アピール』をする。 ジュリーの母が、ジョンとのなれそめを書いた私小説を出版しようとしてジョンに反対された話を知る。その小説はラブストーリーで「血とセックスとお金」を描くのが好きなジョンに通じなかったと言う。 ジュリーがパソコンをみて、サラが自分のことを小説にしていることを知る。 サラはいきつけのカフェの店員・フランクに好意を持っていたようっだが、ある日、ジュリーがフランクを家に連れてくる。複雑な表情のサラ。三人で飲み、ダンスを踊るが、サラの小説の題名をジュリーとフランクに馬鹿にされ、気分を害する。 夜、ジュリーとフランクは全裸でプールで泳ぎ、ジュリーはプールサイドに座ったフランクの股間に顔を埋める。それをみて水面に石を投げるサラ。二階からサラが石を投げたことをきづいたフランクは「やめろ」とジュリーを押しのけ服を着ようとする。そこでジュリーがフランクを殺してしまう。サラは気づいていない。 朝、ひとりで寝ているジュリーをみて安堵の笑いを浮かべるサラだったが、やがて不信に感じてフランクの店や自宅を訪ねるが、当然フランクはどこにもいない。その最中、別荘の管理人であるマルセル(爺さん)の家で、ジュリーのことを知っている娘に出会い「ジュリーの母は事故で死んでいる」ことを知る。ジュリーはなぜか錯乱してサラを母とまちがって抱き着いたりするが、落ち着くと、自分がフランクを殺したことを告げ、その理由は「貴女の小説のため」だと言う。 サラはジュリーのために偽装工作をし殺人事件を隠蔽する。しかし、庭の掃除にきたマルセルに痕跡を発見されて. とすると、恐らくサラは「たった1人」で別荘にいた事になると思う。 (ラストでジュリアとサラがすれ違うシーンで2人が視線も交わさない事から、. 。 ジュリーは、サラにとって「願望」「失くした若さへの羨望」「そうありたかった自分」「世の男への復讐」. See full list on hm-hm. ,5点うーん、綺麗な水着姿以外. ジュリーの部屋から勝手に日記を持ち出し、それを元に小説を書いているシーン。ここでは、「鏡に映った小説を書いているサラ」が、鏡に映っている。二重になっていることから、これは現実ではない(小説の中で、「小説を書いている自分」を書いている)ことへの示唆だろうか? ちなみに、ジュリーにお腹のキズのことを尋ねている時と、後述のサラの姿は鏡越しに映っている。. 食事はフランクのいる店で食べることにします。彼の事や村の事など、ジュリーはここで育ったため知り尽くしている様子です。 ジュリーは、ジョンが母と自分を捨てたと語ります。母は今、ニースに引っ越したと語ります。 また、ジュリーの母は作家で、ジョンに貶されて本は出版されなかったと言います。ジョンの奥さんに別れて欲しかったと、ジュリーの母は言っていたそうです。 翌朝、サラがマルセルとプールにいる間に、ジュリーはサラの作品を探します。自分の事が書かれていて驚いた様子です。 サラは、フランクと今日も楽しい会話をします。その夜、ジュリーは今度はフランクを家へと連れてきます。 ダンスを踊った後、サラは自分の部屋に帰ります。ジュリーは、フランクとプールでエッチをしようとします。 サラはベランダから見ていました。石をプールに投げつけます。フランクが気づいたのか、今日はやめて帰ろうとします。 その後、ジュリーはフランクを大きな石で殴って殺害します。翌朝、サラはフランクの店に行くと、彼が来てないことを知ります。. サラはマルセルに聞いてフランクの家に行きます。やはりいませんでした。 マルセルの家に行くと、彼の娘が応対してくれます。彼女にジョンの母の電話番号を聞くと、彼女は交通事故で亡くなった事を知ります。 帰るとジュリーが取り乱した様子です。ジュリーはフランクを殺したことを白状します。理由は、サラの作品のためにやったのだと言います。 サラは、ジュリーと一緒にフランクを庭に埋めます。翌日、マルセルが気づいたので、サラは体を使って気を引きます。 ジュリーは自分の職場に帰って行きます。その時にサラは、ジュリーのお腹の傷は何でできたのか聞きます。交通事故でできたと返答されます。 ジュリーは、母の本のコピーをとっていたことを置手紙でサラに伝えます。サラは、彼女の母の本を作品として、別会社経由で出版します。題名は「スイミング・プール」でした。 内心腹の立っていたジョンに、その事を言ってやります。帰っていると、ジョンの娘のジュリアが出版社を訪れてきます。 スイミング プール 映画 別荘で、サラとジュリアがお互いに手を振ってエンディングです。.

推理作家のサラは、出版社のジョンと会います。新人作家の作品が良い様子で、サラは気分が良くありません。 ジョンは、サラに別荘を使ってよいと紹介します。後から来るのか聞くと、娘がいるからと言います。 南フランスにやってきたサラは、別荘の管理をしているマルセルと会います。彼に別荘まで車で送ってもらいます。 近くの村で食料を買って、店に入って長閑な時間を過ごします。別荘も広くて天国のようだとジョンに報告します。仕事も順調に進んでいきます。 夜になって、一台の車が止まってきます。どうやらジョンの娘のジュリーがきてしまったのです。 自由奔放な彼女に、サラは毛嫌いをします。ジョンに電話して、娘が来るなんて聞いてないと留守電に入れます。 翌日、別荘にあるプールにジュリーは入ります。サラは、細菌が多そうで入りませんでした。 サラは、ジュリーの騒がしくて片づけない性格にイラつきます。外でご飯を食べることにします。その店の店員のフランクと話しをして癒されます。. スイミング プール 映画 『スイミング・プール』(C) STUDIOCANAL - France 2 Cinema - Headforce Ltd. ネタバレあらすじ 4.



Phone:(243) 371-4161 x 2981

Email: info@mwyq.50euros.ru